金貨の種類について

金貨に投資する前に、金貨の種類について理解しましょう。金貨には2つの種類があります。1つは投資をするときに用いられる地金型金貨です。地金型金貨としては、メープルリーフ金貨やウィーン金貨が有名です。地金型金貨には、売買の際の手数料がかからないというメリットがあります。

収集型金貨もう1つは、収集型金貨と呼ばれるもので、投資目的というよりも、コレクション目的で購入する人が多いのが特徴です。将来プレミアがついて、購入時の価格よりも高くなる可能性があるタイプです。

デザインが良くて、流通量の少ない希少性の高い収集型金貨にプレミアがつきます。流通量が多く、デザインもさして特別ではない収集型金貨にはプレミアはつきませんが、もちろん金貨としての価値はありますので心配は要りません。デザイン、発行された国別にコレクションを楽しめるの収集型金貨の良い所です。

金塊や金の延べ棒などと呼ばれる金地金のように重量の価値だけではなく、金貨の場合、そのデザインや加工の複雑さ、発行時の手数料や輸送量などが加算されるため、投資する時には割高に感じられるかもしれませんが、販売する際にもその付加価値を加えて売却できるので、損をすることはありません。

→→→地金型金貨がおすすめ